マンションナビで不動産会社を決めたら信頼性の高い内覧ができるように準備しよう

一括査定のマンションナビなら、相性の良い不動産会社を決めるのも時短で楽々です。でも、その後はすべて不動産会社に任せれば良いとか思っていませんか?。売却の成功の秘訣は、信頼性の高い内覧ができるかがカキなのだそうですよ。

内覧って言葉すら忘れていたとしても大丈夫

ど素人の筆者がマンションナビで売却に成功した当時、実は恥ずかしながら「内覧」という言葉を忘れていました。というのも、分譲マンションに決めた時も、それ以前に賃貸で生活しはじめた時も、部屋を直接見てから決めてはいたのですが、あまりにひさびさだったので何のことか忘れていたのです。特に、自分が見るのではなく、まったくの他人に自分の家の中を見てもらうということなのですから、余計にピンときません。でも、信頼性の高い不動産会社に出会えた筆者は、その担当者から内覧用に家を片付けておくことがポイントですよと言われ、片付けと掃除を必死で頑張ったのです。やっぱり最初の印象って部屋の雰囲気によっても変わりますよね。できるだけ好印象になるよう、アドバイスを受けながら片づけてみました。

内覧ではリフォームはほとんど不要

内覧となると、あっちもこっちも原状回復しておかなくてはならないかと心配になったのですが、リフォームまでは必要ないようです。よっぽど壁が破壊されていて配管がむき出しになっているなど、見た目に明らかにマイナス印象になるような所がない限りは、新たに入居する時に壁紙などは張り替えますし、新しい人が住みやすい形に自分たちで手を入れることも可能だからです。うちの場合はペットがいたのであちこちに小さな傷はありましたが、あまり派手な破れや汚れもなかったので、むしろペットと暮らすならこんなイメージもありですよ、とアピールできるようなレイアウトにして片づけただけでした。マンションナビのホームページにも書かれていましたが、信頼性の高い内覧をするには、マイナスポイントも包み隠さず言い、そのあとに良い所をしっかり伝えること、住んでいるからこそわかる点を伝えることが重要なのだそうです。

信頼性の高い内覧が成功すれば売却も夢ではない

内覧には、自分だけで対応しなくてはならないのかと不安になるかもしれませんが、大丈夫です。ちゃんと不動産会社の担当者がほとんど説明してくれます。ただ、やはり住んでいるからこその視点で積極的に住人がアピールするほうが、説得力が増します。マイナスポイントもちゃんと説明したうえで、それを上回る良いポイントもあるのだと最後に言えれば、相手も信頼してくれて高く買ってくれる可能性もあります。話すのが苦手でも、笑顔で頑張れば希望通りの売却も夢ではありませんよ。

マンション売却は想定外の連続!マンションナビのサポートでなんとか乗り切る方法

マンションの売却に初めて挑むなら、あらかじめ想定しておきたいことがいくつかあります。例えば思う通りに売れないとか、時間がかかるとか。内覧に力を入れるなんてこともそうですね。でも、実際にコトが進めば想定外の事態はいろいろ起きてきます。どんなときにも慌てず騒がず、マンションナビを最大限有効活用して乗り切るにはどうすれば良いのでしょうか。

マンションナビのHPには知識がいっぱい

マンションの売却に関する流れや手続き、また、売却時に必要な書類と必要経費、税金に至るまで、幅広い専門的な知識が必要になるのがマンションの売却の難しさです。マンションナビで一括査定をするなら、その後仲介してくれる不動産会社と契約を結ぶので、不動産会社の担当者に根掘り葉掘り聞いていくのが筋かもしれません。でも、担当者もなかなか一件だけを担当しているわけではありませんので、忙しいこともあります。うっかり説明し忘れていることもありますので、まずは最低限の売却に関する知識は本やネットで調べておくほうが安心です。そんな時、心強い味方になってくれるのがマンションナビのHPです。少々こむつかしい話もわかりやすく、数分で読める量にまとめてネット上に公開してくれています。さらには、会員登録しておけば、メルマガでも詳しい知識が送られてきます。想定外のことに出くわし、失敗した!と後悔しないように、あらかじめ知っておきたいことはできるだけ調べておきましょう。

万が一不誠実な対応をする不動産会社があったなら運営事務局を頼ろう

どうしても相性が合わない不動産会社というのはどこにでもありますし、誰でも経験すると思います。そういった場合も想定して、最初は一般媒介契約を結んでおく方が安心ですが、複数の会社とやりとりする中で、やたらと押しの強い不動産会社に出くわす場合もあります。こちらが迷惑だからと言っても、ガンガン電話を鳴らしたり、直接出向いてくるようなことがあってマナー違反だと感じた場合は、遠慮なくマンションナビの運営事務局に電話して聞いてみましょう。提携している会社も、そんなことで顧客を減らしたくはないので、マンションナビから注意を受けたらあっさり引いてくれることが多いようです。迷惑行為もそうですが、担当者と意見が合わないなどの悩みにものってくれるようです。いざとなったら躊躇せず、運営事務局を頼るのも一つの賢い方法です。

マンションナビは売却の強い味方

マンションナビを使って分譲マンションの売却をした人は、それぞれに成功しているように見えます。でもそれは、数ある失敗の積み重ねをデータとして蓄積し、サポートしてくれている運営事務局の人々がいるおかげかもしれません。マンションナビは、想定外の事態も一つ一つ丁寧に寄り添ってくれるでしょう。ぜひ、最大限に味方につけて、あなたの理想をかなえてくださいね。

マンションナビで売却相場を知ると迷いが増えた!?どのくらいで売り出せばいい?

売却相場と言われても、中古の場合、値段の上下が相当激しいです。一般人の私たちにとっては築年数や方位、エリアなど何を基準に設定すれば良いのかわかり辛いですよね。マンションナビでは一括査定したり、一般的な相場を調べることが簡単にできるのですが、実際に調べるとその価格の差で逆に迷うこともあります。最終的に何をポイントに絞って決めれば良いかを考えてみました。

マンションナビの売却相場は便利だけど迷う

夫が急に転勤になって急いで分譲マンションを売らなくてはならない筆者の場合、マンションナビは非常に役立つツールでした。でも、一括査定をした時もそうでしたが、その前にネット上に公開されている過去の売却相場や売り出し価格を見ていると、その変動っぷりが幅広くて逆に迷いました。いざ自分が後悔しない売出価格を設定しようと考える段になっても、単純に自分の希望が通るわけもなく、買いたい人にとっては安い方がいいに決まっていますし、かといって安すぎても怪しまれるかも・・・と考え出すときりがない迷路に入り込んでしまったのです。

売出価格は3種類ポイントを絞って考えてみた

困ってしまった一般人である筆者は、とりあえずマンションナビに書かれてある知識を読み漁り、とりあえず売却相場を参考にして3種類の希望売却額を考えてみました。一つ目は、今後購入するマンションのローンが組みやすく、今までのローンを完済できる程度の利益が出そうな最高額。二つ目は、単純に一括査定してもらった額の平均値。三つ目は、とにかく最低限これだけは確保したいという価格です。二つ目は簡単に割り出せますし、三つ目は、一括査定してもらった額+過去を含めた簡易相場を見比べ、最低額をチョイスするだけで良かったので簡単です。問題は一つ目の希望価格。一番迷ったのですが、欲を出せばきりがないので、一括査定で出された最高額に、さらに5%ほどプラスした額を設定してみました。周囲の相場と比較しても、なんとなく妥当かなと思える額におちついたので、不動産会社の担当者と相談の上、最終的には一つ目の価格で売り出すことになりました。三つ目の最低額を決めておいたのは、しばらくして値下げしても最低限の価格を心に決めておくと戦略が練りやすいし、買い手が現れた時の値下げ交渉時にも対応しやすいのだということを聞いたからです。

売却相場は難しい

マンションナビを使った査定でも、わりと査定額の幅は出てきました。最高額で売りたい気持ちは当然ありますが、一方でそんなに強気で本当に売れるのか、売れ残ったらどうしようという不安も付きまとっていました。売却相場を参考にする時は、いろんな方法があるとは思いますが、筆者が考えたような絞り方も、一つの方法としてありではないかと思います。最終的にはほぼ希望通りの価格で売れましたので、よほど大外れの価格でなければ必要経費のことも考えて、最初は少々強気の設定でも良いのだと学びました。

趣味が多い夫が住み替えを決意!ネットでマンションナビを利用してみた

趣味人の夫が住み替えを決意した!のはいいけれど、この状態・・・。我が家って売れるの?と思いつつネットで一括査定を依頼してみることにしました。マンションナビは中古分譲マンションに特化しているということなので、我が家にはぴったりだったのです。希望がかなうかどうか、ドキドキの結末は意外なものでした。

マンションナビを使う前は売ることをあきらめていた

多趣味の夫のおかげでコレクション品が溜まりすぎて、部屋を占領しかけていた我が家。子供が生まれても余裕があるなと思っていた広さだったのに、雑多なコレクションで倉庫状態。ついに夫は、もう少し広くてガレージもついている家に引っ越そうと言い出しました。幸い、頭金になりそうな額は溜まっていたので売ることさえできればなんとかなりそうだったのですが、なんといってもこのモノの多さと汚れ具合では、不動産会社に格安で買い取ってもらうしか方法がないと思い込み、一般に売ることはあきらめていたのです。そう、ネットでマンションナビを使ってみるまでは。

マンションナビを使ったらいい不動産会社に査定してもらえた

マンションナビを使って一括査定をしたところで、あまり人気の物件とも言い難いし、中古がそんなに高く売れるわけはないと思っていました。でも、実際に一括査定してみたところ、予想以上の高値が出てきたのです。とはいえ、ネット上で簡易査定されただけの状態と、実際に不動産会社の担当者に中身を見てもらってからの査定だと大きく違ってしまうのではと心配でした。3社ほど手をあげてくれた会社があったので、とりあえずすべてに詳しい査定を依頼しました。すると、このごちゃまぜのモノの多い我が家の見た目に惑わされることなく、逆に趣味人にとっては魅力的な物件かもしれないとまで言ってくれた担当者に出会うことができたのです。その不動産会社にあとはすべてお任せすることにして、売り方など細かく打ち合わせすると同時に新居探しも同じ会社で依頼できました。

中古マンションを得意とする不動産会社もある

我が家の場合は、こうして夫の希望通りの新居も見つけることができ、最終的に希望価格よりは若干下になりましたが、大事に住んでくれそうな良い人に買ってもらうことができました。担当者は中古マンションならではの売り方があると言っていましたが、それを得意としている不動産会社もあるのだと、改めて気づかされました。無理だと簡単にあきらめず、マンションナビを使ったことで納得できる売却ができたのは本当に嬉しかったです。

マンションナビの良い評判を見ているとメリットがよくわかる

マンションナビの評判は今や、右肩上がりとなっているほど好評のようです。それもそのはず、メリットがたくさんあるのです。良い評判やクチコミを見ていると、どのあたりがメリットになっているのかがよくわかります。

マンションナビのメリットはたくさんある

マンションナビのように、評判の良い不動産一括査定サイトは他にも多数あります。その中でも、マンションナビを選んで良かったとする口コミをチェックしていくと、次のようなメリットがあることがわかりました。
・マンションの売買に慣れている不動産会社を見つけやすい
・全国の相場がよくわかり、見やすい
・マンションナビのサポートデスクに相談でき、売ることに関する情報も手に入りやすい
・最大で9社、売却と買取と賃貸を同時に比較検討できる
・提携数が多いので提案数も多い
このように、無料で手軽にブレ幅の低い相場を知ることができ、万が一査定に関してトラブルになってもマンションナビに相談できるというのもメリットとなっているようです。マンションに特化して紐付けしていることで、より精度の高いマッチングができています。そのためユーザーの満足感もより高まっているようです。

マンションナビのメリットを受けるには登録がおすすめ

マンションナビは、無料でさくさく相場を表示させ、一括査定することができますが、会員登録をしないままで行うと、ざっくりとした平均的な相場価格が表示されます。それでも売却実績から大きくはずれるわけではないのですが、より自分の希望に沿う形の売却を目指すなら、会員登録がおすすめです。同じく無料で誰でも登録でき、詳細な情報を入力できるので、マッチング精度が高まります。何度も見直したり、比較するのにも便利ですので、マンションナビの数あるメリットをあますところなく最大限に受けたいなら、登録して利用してみてはいかがでしょうか。評判通りのサービスが得られるかもしれませんよ。

マンションナビのメリットはデメリットを凌駕する

マンションナビの評判はとても良いとは言いましたが、当然メリットだけでなくデメリットもあります。ただ、そのデメリットはかなり少ないですし、強いて言えばというレベルのものばかりだったりもします。たとえば入力項目が少し多いのもデメリットの一つに数えられるかもしれませんが、少々の手間をかけても、受けられるメリットの方が大きいように感じます。もし、使うことに迷いがあるようでしたら、サポート体制もしっかりしていることですし、一度は使ってみることをおすすめしますよ。

マンションナビの悪い評判を見ているとデメリットも見えてきた

マンションナビの不動産一括検索サイトは、とても評判が良いことで有名な優良サイトです。でも、時には悪い評判が口コミされていることもありますよね。数少ない悪評をチェックして、デメリットを考えてみました。

マンションナビのデメリットはわずかだがある

マンションナビを使うことによるデメリットは、他のサイトと比較すると少ないです。ただ、評判が悪いとする口コミをチェックしていくと、次のような点がみつかりました。
・マンション以外の不動産査定ができない
・不動産会社の担当営業者がしつこい、または相性が合わない
・より詳しい査定額が知りたければ詳細情報を入力して登録しなければならない
マンションナビだからこそのデメリットとは言えないものも混じっていますが、ともあれ、実際に使った人が感じているのですから、誰もが100%良いサイトだと感じているわけでもないようです。

マンションナビのメリットを最大限に利用するための注意点

これらのデメリットを見ていると、考え方次第で避けられる所もありそうです。たとえば、マンション以外の不動産査定ができないのは、マンションナビがそもそもマンション特化型の不動産一括査定サイトですから、他の物件を査定したいなら目的が違います。他のサイトを利用する方がスムーズです。次のデメリットに関しては、営業担当者の質にもよりますが、なんらかのトラブルになることも実際に0%ではありません。そういった時の心強いサポーターとして、マンションナビにはサポートデスクが設けられています。困ったら電話で相談してみましょう。詳しい査定額については、細かな内容をたくさん入力するのは確かに面倒かもしれません。でも、角部屋だとか、向きなどを入力することにより、よりマッチング精度が高まり、売れもしない高い金額で査定される心配が少なくなります。または、売れるはずなのに相場よりはるかに下回る金額が出てくることも少ないでしょう。少しの手間は希望を叶えるための投資だと考えて、ちょっとだけ登録に時間をかけても良いのではないでしょうか。

マンションナビを使うにはメリットもデメリットもよく考えて

何かのサービスを使う時は、必ず良い評判も悪い評判も出てきます。そのどちらもしっかり見極め、メリット、デメリットをしっかり把握してから使ってみる方が安心ですよね。マンションナビも、無料ではありますがその先につながる不動産会社とのやりとりを考えると不安はあると思います。しっかりと自分の考えと合うサイトを使って賢く売買しましょう。

マンションナビの評判は年間利用者数でもわかる!驚愕の数とは

マンションナビを使ったことがある!という人も増えてきた今日このごろ。分譲マンションを買ったあとで様々な理由で引っ越したくなる場合もありますよね。一括査定のお手軽さと相場がわかる便利さで今まさに年間利用者数は伸びています。その評判の利用者数とはどのくらいなのでしょうか。

マンションナビを使おうという人はこんなひと!

マンションナビはマンション特化型の不動産一括査定サイトです。つまり、自分の所有するマンションや分譲マンションを売りたい、あるいは貸したい人にとって有益なサイトとなります。一旦分譲マンションを買ったら一生涯そこに住み続けなくてはならないわけではありませんよね。これは一戸建てでも同じこと。何かの理由で住み慣れた場所を離れなくてはならない事情も多々あります。そんな時に、自分のマンションを今売ったらどのくらいになるのだろうか。あるいは、賃貸にすればどのくらいの家賃設定ができそうかなど、相場を表示することも、さらに踏み込んだ詳しい査定を複数社から受けることも可能なのです。そのため、マンションを売りたい人も貸したい人も、まだそこまで心を決めていないけれど相場を知りたい人まで、幅広い利用者がいるのです。

マンションナビの年間利用者数は〇〇!

マンションナビのHPを見てみると、年間利用者数はなんと360万に達しているのだそうです。2017年時点でこのくらいなので、今はもう少し伸びているかもしれません。年間利用者数でこれだけいるということは、1日の利用者数に換算してみると、ざっくり1万弱くらいになりますよね。つまりそれだけの人間が必要としているくらい評判の一括査定サイトに成長しているのです。マンションナビを使ったために希望価格で売れたとか、希望よりも高く売れたという評判が評判を呼んでいるのも利用者数が増えている原因ですが、検索結果に出てくる不動産会社の質が良かったり、マッチング制度が良いのも一因のようです。

マンションナビは利用者によって成長する

マンションナビの評判は日々上がっているようですが、もちろん悪評もあるはずです。でも、その悪評をもとに改善していっているので、マンションナビの使い勝手もその後のサービスの質も良くなっているようです。利用者を獲得するために不動産会社も必死で対応を改善しているということもあり、評判のおかげでさらに良い方向へ成長しているのがマンションナビというサイトのようです。